Top >  洛中・御所

洛中・御所

洛中・御所

洛中・御所一覧

lime.jpg

興正寺

京都駅の近く、西本願寺の隣に位置する興正寺は親鸞聖人を開山する真宗興正派の本山で建暦2年(1212)山科の地に創建されたといわれています。その後幾多の変遷を経て、現在の地に至りました。 春が近づくと、山門をくぐったところにある紅梅が見事に咲き、参拝者を迎えてくれます。京都の春はここから始まります。四...

神泉苑

神泉苑は平安京造営と同時に造られた庭園の遺構であり、当時の物として唯一現存する貴重なものであります。現在の「御池通り」の名前の由来はこの庭園の大池、通称「御池(おいけ)」から付けられたといわれています。 延暦19年(800)に、桓武天皇が行幸されてから、歴代天皇の行楽地となり、観桜、納涼、船遊びなど...

宝鏡寺

人形寺として知られている宝鏡寺は、南北朝時代に光厳天皇の皇女である華林宮恵厳禅尼によって開山された臨済宗の門跡寺院で、代々歴代皇女が住持されたことから「百々(どど)御所」と呼ばれていました。 皇女方の遺愛の人形が数多く保存されていることから「人形の寺」として呼ばれるようになりました。通常は非公開です...

妙蓮寺

本門法華宗の大本山である妙蓮寺。日蓮が立宗した法華経を日像上人が開基したことが始まりといわれています。石庭や襖絵が見もので有名ですが、近年花の寺としても脚光を浴びています。冬季の「妙蓮寺椿」や晩夏の「芙蓉」が有名で、花の寺と呼ばれるにふさわしいきれいな花が咲き誇っています。 また、桜も見逃せないです...

京都御苑(京都御所)

京都御所は、光厳天皇が元弘元年(1331)に里内裏の一つであった東洞院土御門殿を皇居と定めたものです。以後、東京に都が移った明治時代初期まで、天皇のお住まいがあったところです。 当時の建物は江戸時代に火災によって焼失し、現存する建物は江戸末期に再建されたものです。主な建物として「紫宸殿」「清涼殿」「...

護王神社

京都御苑蛤御門の烏丸通り西向かいにある護王神社は、平安遷都に深く関わった和気清麻呂と広虫姫を祀っています。はじめ、高雄山神護寺の境内に和気清麻呂公の霊社として祀られていました。創建は定かではありません。明治19年(1886)御所の守護のため、明治天皇の勅命によって、神護寺の境内から京都御所蛤御門前の...

本法寺

本法寺は本阿弥家の菩提寺で、永享8年(1436)日親上人によって綾小路東洞院に創建されました。しかし当時の建物は焼失し、天正15年(1590)に現在の地に移転し、再建されました。本法寺の庭園は、本阿弥光悦作唯一の庭園〔巴の庭〕と言われ、国の名勝に指定されています。また、長谷川等伯筆の仏涅槃図は重要文...

妙覚寺

妙覚寺は日蓮宗京都十六本山の一つです。日像聖人が開山し、永和4年(1378)に日実聖人が四条大宮の妙覚の地に創建、後に現在の地に移転されました。妙覚寺の大門は寺院には珍しい武家風の医薬門を構えています。 妙覚寺の庭園は「おもしろや 散るもみぢ葉も咲く花もおのずからなる法のみ姿」という古歌から「法姿園...

妙顕寺

日蓮宗京都十六本山を総統する妙顕寺は、京都における日蓮宗最初の道場で、三具足山の一つで日蓮の高弟日朗の門下、日像上人が創建しました。 寺宝としては、日蓮自筆の書他、妙顕寺文書は重要文化財、本堂以下17棟が京都府指定有形文化財、狩野山楽筆「楼閣山水図屏風」が京都市指定有形文化財に指定されています。塔頭...

梨木神社

京都御苑の東側に位置する梨木神社は明治18年(1885)明治維新に貢献した三條実万・実美父子を祭神として創建されました。 参道両脇にたくさんの萩があり、萩の名所として有名で、初秋に見事に咲いた萩の花が見られます。毎年9月第3土・日曜日には萩まつりが行われています。 京都三名水のひとつに数えられる染井...

廬山天台講寺

京都御所のすぐ近くにある廬山寺は、天慶元年(938)元三大師によって北山の地に創建されました。その後、船岡山の麓へ移りましたが「天明の大火」で焼失しましたが、皇室の援助を得て現在の地に再建されました。この地は紫式部の曽祖父の堤中納言が建てた邸宅の跡であり、紫式部はここで成長し、結婚後もここで生活をし...

廬山天台講寺

京都御所のすぐ近くにある廬山寺は、天慶元年(938)元三大師によって北山の地に創建されました。その後、船岡山の麓へ移りましたが「天明の大火」で焼失しましたが、皇室の援助を得て現在の地に再建されました。この地は紫式部の曽祖父の堤中納言が建てた邸宅の跡であり、紫式部はここで成長し、結婚後もここで生活をし...

上御霊神社

上御霊神社は桓武天皇の弟、崇道天皇(早良親王)を祀るため創建された神社です。後に井上内親王など政争の犠牲になり無念の死を遂げた8人の神霊を祀っています。本殿の東側一帯はかつて「御霊の森」と呼ばれた広大な森林がありました。いまもその面影を残す大木が生い茂っており、秋になるとイチョウの葉で、そこら一体黄...


人気の施設はこれだ