Top >  京都の桜の名所 >  渉成園

渉成園

真宗大谷派の本山、東本願寺の飛地境内地で、広い敷地をもつ庭園です。その周囲にカラタチ(枳殻)を植えたことから枳殻邸 (きこくてい)とも呼ばれています。江戸初期、石川丈山の作庭と伝えられており、印月池(いんげつち)という池を中心にした、 池泉回遊式の庭園になっています。

庭園は四季折々の草花など豊かな自然が残されており、頼山陽はこの園を愛し「渉成園十三景」を選んでいます。中でも、 春は見事な桜花で埋めつくされます。京都駅の周辺にあるにもかかわらず、静かに桜を楽しめる場所といえるでしょう。

【住所】京都市下京区下数珠屋通間之町東入東玉水町
【交通】JR・近鉄・地下鉄「京都駅」下車徒歩10分
【拝観料】志納
【拝観時間】10時~16時(受付15時30分)
【問い合わせ】TEL:075-371-9182
【駐車場】なし
【ホームページ】渉成園

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ