Top >  京都の桜の名所 >  雨宝院

雨宝院

高野山真言宗の雨宝院は、弘仁12年(821)嵯峨天皇の病気平癒を空海が祈り,象頭人身の歓喜天(聖天) を祀ったことが始まりといわれています。そのことから「西陣聖天」とも呼ばれています。商売繁盛の神様として信仰されています。

さほど広くない境内には花木が所狭しと植え込まれています。山桜をはじめ、数種類の桜が上品に咲き、それらの上品な桜を総称して 「歓喜桜」と呼んでおり名物となっております。

【住所】京都市上京区智恵光院通上立売通上ル聖天町9-3
【交通】市バス「今出川浄福寺」下車徒歩4分
【拝観料】境内自由
【拝観時間】日中随時
【問い合わせ】TEL:075-441-8678
【駐車場】なし

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ