Top >  京都の世界遺産 >  銀閣寺

銀閣寺

正式名称は東山慈照寺といい、臨済宗相国寺派に属する禅寺です。文明14年(1482)室町幕府八代将軍・足利義政が、 祖父である三代将軍足利義満の造営した北山殿金閣寺(鹿苑寺)にならって、隠居生活の場として山荘の東山殿を建立したのがはじまりです。 彼の死後、禅寺とし、慈照寺とされました。

特別名勝、特別史跡の庭園は西芳寺(苔寺)を手本とした上下2段からなっています。上段は枯山水庭園、 下段は池泉回遊式庭園で中央に錦鏡池が広がっています。
また観音殿(銀閣)は下層が「心空殿」と呼ばれる住宅書院風、上層が「聴音閣」と呼ばれる仏殿風になっており、 2つの様式を組み合わせた建物になっています。

義政公は諸芸道の達人を東求堂に集め、芸術三昧の晩年を過ごしたとされています。その舞台となったのが東求堂内の同仁斎で、 現存する最古の書院造りで四畳半茶室の原型と伝えられています。金閣寺の北山文化の華やかさに比べて、ここ銀閣寺は東山文化の「わび・さび」 の世界を漂わせているところです。

【住所】 京都市左京区銀閣寺町2
【交通】 市バス「銀閣寺道」下車徒歩10分
     「銀閣寺前」下車徒歩5分
【拝観料】 500円(本堂・東求堂・書院の拝観は予約制)
【拝観時間】 8時30分~17時(冬期は9時~16時30分)
【問い合わせ】 Tel 075-771-5725
【駐車場】 あり
【ホームページ】 銀閣寺

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の世界遺産

京都の世界遺産

関連エントリー


人気の施設はこれだ