Top >  京都の紅葉の名所 >  等持院

等持院

足利将軍家の菩提寺で、暦応2年(1339)足利尊氏が御所の近くに等持寺を創建しました。その2年後、 夢窓国師を招き現在の地に別院の北等持寺を創建しました。尊氏の死後、その墓所となり、等持院と改めたといわれています。

当時には何カ所も紅葉の見所があります。前庭、方丈南庭、心字池庭園。 方丈南庭の紅葉は一面に敷かれた白砂に見事に映え相乗効果によりさらに紅さが増しています。 幽玄の雰囲気を残した心字池庭園は紅葉によりさらに幽玄の世界へ、深まりを増しています。

【住所】〒603-8346  京都市北区等持院北町63
【交通】市バス「等持院南町」下車徒歩10分
    京福電車「等持院駅」下車徒歩8分
【拝観料】500円
【拝観時間】8時~17時(受付は16時30分まで・12月29日~1月3日は14時まで)
【問い合わせ】Tel 075-461-5786
【駐車場】あり

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の紅葉の名所

京都の紅葉の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ