Top >  京都の紅葉の名所 >  仁和寺

仁和寺

世界文化遺産に指定されています仁和寺は、仁和2年(886)光孝天皇の勅願により起工され、2年後、 その遺志を継いだ宇多天皇によって完成した真言宗御室派の総本山です。以後、格式高い門跡寺院として栄え、別名御室御所とも呼ばれました。

「御室の桜」で有名な仁和寺ですが、紅葉も大変美しく、その評価は高いです。五重の塔の周りを彩る紅葉、 そして金堂を赤く染める紅葉は見応え十分です。「お多福桜」と親しまれている有名な「御室桜」も春には春の衣装を、秋には秋の衣装をまとい、 観光客を飽きさせない、華やかな場所です。

【住所】〒616-8092  京都市右京区御室大内33
【交通】市バス「御室仁和寺」下車すぐ
    京福電車「御室駅」下車徒歩5分
【拝観料】500円
【拝観時間】9時~16時30分(受付は16時10分まで)
【問い合わせ】Tel 075-461-1155  
【駐車場】あり
【ホームページ】仁和寺

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の紅葉の名所

京都の紅葉の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ