Top >  京都の紅葉の名所 >  源光庵

源光庵

貞和2年(1346)、臨済宗大本山大徳寺二代徹翁国師により隠居所として開創されたものといわれています。 のちの元禄7年(1694)加賀国大乗寺二十七代曹洞宗復古道人の卍山道白禅師が曹洞宗に改宗し、再興されたものです。 現在の本堂はその時に建築されたものです。

静寂の中、凛とした清潔感が漂う境内に入るときれいに手入れをされた見事な庭園があります。本堂に「悟りの窓」と名づけられた丸窓と、 「迷いの窓」と名づけられた角窓があります。どちらの窓からも見事に色づいたきれいな庭園を眺めることができます。窓の前に座し、 窓を通してみる風景もまた格別です。

【住所】〒603-8468  京都市北区鷹峯北鷹峯町47
【交通】市バス「鷹峯源光庵前」下車すぐ
【拝観料】300円
【拝観時間】9時~17時【問い合わせ】Tel 075-492-1858 
【駐車場】あり

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の紅葉の名所

京都の紅葉の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ