Top >  洛東・東山 >  南禅寺

南禅寺

東山に広大な敷地に佇む南禅寺は、室町時代に「五山の上」に位置したという格式を誇っている大寺院です。正応4年(1291)、 亀山上皇が離宮を寺に改めたのが起こりで、臨済宗南禅寺派の総本山です。

見所は、歌舞伎「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と大見得を切る場面に出てくる三門です。 舞台となった三門は寛永5年(1628)、藤堂高虎が大阪夏の陣の戦没者供養のために建立されました。日本三大門の一つに数えられています。 この三門をはじめ、方丈(国宝)、狩野探幽筆の襖絵「水呑の虎」など数多くの重要文化財をもつ文化価値の高いお寺です。
また「虎の子渡しの庭」と呼ばれる方丈庭園は名勝に名を上げており、砂と石と松で構成された江戸時代を代表する枯山水庭園となっています。

【住所】京都市左京区南禅寺福地町86
【交通】市バス「南禅寺永観堂道」下車徒歩10分
        地下鉄東西線「蹴上駅」 下車徒歩5分
【拝観料】500円(方丈庭園)
【拝観時間】8時40分~17時(受付は30分前まで)
      ・11月の土日祝は17時15分まで
       ・12~2月は16時半まで
      ・12月28日~12月31日までは休み
【問い合わせ】Tel 075-771-0365
【駐車場】あり
【ホームページ】南禅寺

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

洛東・東山

洛東・東山

関連エントリー


人気の施設はこれだ