Top >  洛北・北山・大原 >  圓光寺

圓光寺

詩仙堂からほど近い場所にある圓光寺は、慶長年間に徳川家康が伏見に建てた学問所、足利学校分校を移転した臨済宗のお寺です。 この学問所では多くの書物を刊行し、その時に使われた木製の活字5万個(重要文化財)が現在も残っており、一部を見ることができます。

圓光寺の庭園は「十牛の庭」と呼ばれ、杉苔のきれいな池泉回遊式の庭園になっています。本堂の前には水琴窟があり、 静かな庭園に心地よい水音が響いています。

圓光寺は紅葉の名所として有名で、秋が本番を迎えると、静かな庭園も紅葉を楽しむ人々で賑わいます。庭園を歩き楽しんだ後は、 畳の間に座って本堂から眺めるとまた違った風景を楽しめます。夜間のライトアップもあり、見応えたっぷりです。

【住所】京都市左京区一乗寺小谷町13
【交通】叡山電鉄一乗寺駅から徒歩約12分
【拝観料】400円
【拝観時間】9時~16時30分
【問い合わせ】Tel 075-781-8025
【駐車場】あり(11月は駐車禁止)

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

洛北・北山・大原

洛北・北山・大原

関連エントリー


人気の施設はこれだ