Top >  洛中・御所 >  本法寺

本法寺

本法寺は本阿弥家の菩提寺で、永享8年(1436)日親上人によって綾小路東洞院に創建されました。しかし当時の建物は焼失し、 天正15年(1590)に現在の地に移転し、再建されました。本法寺の庭園は、本阿弥光悦作唯一の庭園〔巴の庭〕と言われ、 国の名勝に指定されています。また、長谷川等伯筆の仏涅槃図は重要文化財に指定されており、文化価値の高い寺です。

町中にありながら、境内には人影も少ないですが、春には境内を覆い尽くす桜の木が華やかに咲き、梅雨時には紫陽花が、 秋になると桜葉やカエデが色づき、閑寂な境内を美しく彩っています。

【住所】京都市上京区小川通寺ノ内上ル本法寺前町617
【交通】京都市バス 9系統「堀川寺の内」より徒歩約5分
【拝観料】無料 庭園(巴の庭)は500円
【拝観時間】10時~4時
【問い合わせ】TEL:075-441-7997
【駐車場】あり

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

洛中・御所

洛中・御所

関連エントリー


人気の施設はこれだ