Top >  洛南・宇治 >  東本願寺

東本願寺

真宗大谷派の本山で真宗本廟といい、西本願寺と区別して一般に東本願寺と呼ばれており、 お東さんの愛称で慕われ全国からの参詣者が絶えません。

創建は慶長7年(1602)徳川家康は本願寺の力を恐れ、教如上人に本願寺の東に寺地を与え、 全国の門徒を二分させたのが東本願寺の始まりです。当時の伽藍は焼失し、現在の伽藍は明治28年(1895)に再建されたものです。

京都駅から烏丸通りを北上すると、東本願寺の美しい屋根瓦と噴水がひときわ目につきます。広大な敷地には大きな伽藍が立ち並んでおり、 その中でも御影堂は世界最大級の木造建築物で、親鸞聖人像が安置されています。
また、道をはさんで東側にある庭園は東本願寺の別邸で、池泉回遊式庭園になっており渉成園(枳穀邸)とよばれています。 国の名勝に指定されています。


【住所】京都市下京区烏丸通七条上る
【交通】JR京都駅より徒歩5分
       京阪七条駅より徒歩15分
       地下鉄烏丸線五条駅より徒歩3分
【拝観料】無料 (渉成園は志納制)
【拝観時間】3月~10月 5時50分~17時30分
           11月~2月6時20分~16時30分
【問い合わせ】TEL:075-371-9181
【駐車場】無し
【ホームページ】東本願寺

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

洛南・宇治

洛南・宇治

関連エントリー


人気の施設はこれだ