Top >  嵯峨・嵐山・洛西 >  大原野神社

大原野神社

延暦3年(784)に桓武天皇が都を長岡京に遷した際、 皇后であった藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良の春日大社の分霊を大原野に移し祀ったのがはじまりと言われています。 めずらしいことにここの神社には狛犬…ではなく「狛鹿」がいます。訪れた際にはこの狛鹿も見てみて下さい。

交通の便が余り良くないせいか、訪れる人はまばらで、またそれに加え、広域であるため、混雑することはあまりありません。それ故、 静かに季節を楽しむことができます。
春には様々な種類の桜が咲き、夏には鯉沢の池にカキツバタやスイレンの花が咲き、秋には彩り豊かな紅葉が、 人々の目を楽しませてくれています。

【住所】京都市西京区大原野南春日町1152
【交通】市バス・京都交通バス・阪急バス「南春日町」下車徒歩8分
【拝観料】境内自由
【拝観時間】日中随時
【問い合わせ】Tel 075-331-0014
【駐車場】あり
【ホームページ】大原野神社

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

嵯峨・嵐山・洛西

嵯峨・嵐山・洛西

関連エントリー


人気の施設はこれだ