Top >  洛北・北山・大原 >  三千院

三千院

延暦7年(788)に伝教大師・最澄が比叡山に庵を結び、東塔に一堂を建立したのが始まりと言われています。 現在の地に移転したのは応仁の乱の終結後だそうです。

紅葉の名所として名高い三千院には有清園・聚碧園と呼ばれる二つの美しい庭園があります。 ひっそりと佇む往生極楽院の周囲を囲む有清園には苔と杉が幽玄の世界を造り出しており別名「瑠璃光庭」ともよばれています。

またそれとは趣をかえた書院の前庭・聚碧園は自然を生かした庭でまた違った風景を楽しむことができます。

紅葉の名所と言われるだけあって、秋の風景は見事でありますが、山桜や石楠花、そして三千株ともいわれる紫陽花も見事です。

【住所】 〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町540
【交通】 京都バス「大原」徒歩10分
【拝観料】 600円
【拝観時間】 8時30分~16時30分(冬期は16時まで)
【問い合わせ】 Tel 075-744-2531  
【駐車場】 なし
【ホームページ】三千院

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

洛北・北山・大原

洛北・北山・大原

関連エントリー


人気の施設はこれだ