Top >  嵯峨・嵐山・洛西 >  常寂光寺

常寂光寺

「常寂光土のごとし」と、その静寂な趣から寺の名前がつけられたという常寂光寺。
小倉山を背にして、竹林や鬱蒼とした木々に囲まれた常寂光寺は、京都屈指の紅葉の名所です。

境内や寺の周辺を彩るカエデは200本ほど。イロハモミジ、ヤマモミジに加えてヤマザクラやハギ、 ヤマブキなどが紅や黄色の濃淡で織り上げる情緒的な光景は、王朝の頃より多く歌に詠まれてきました。

茅葺きの仁王門をくぐり石段を上がったところに重要文化財の多宝塔があります。1620年の建立。

【住所】右京区嵯峨小倉山小倉町3
【交通】JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山」下車徒歩15分
【拝観料】300円
【拝観時間】9時~16時30分
【問い合わせ】Tel 075-861-0435   
【駐車場】あり

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

嵯峨・嵐山・洛西

嵯峨・嵐山・洛西

関連エントリー


人気の施設はこれだ