Top >  京都の世界遺産 >  比叡山延暦寺

比叡山延暦寺

天台宗の総本山である比叡山延暦寺は、延暦7年(788)京都の北東の鬼門にあたる比叡山の山頂に、 最澄が平安京の鬼門鎮護の為に創建したことがはじまりといわれています。

延暦寺は比叡山の厳しい自然環境での修行から栄西,親鸞,道元,日蓮などの高層を輩出しており、「日本仏教の母山」とも称されています。
その後元亀2年(1571)、織田信長により焼き討ちに遭いましたが、豊臣秀吉から徳川家光の時代にかけて復興がなされました。

延暦寺は比叡山全体を寺域とし、東塔、西塔、横川の3つの地域に分かれています。東塔には、延暦寺の中心である国宝の根本中堂、 戒壇院、阿弥陀堂、山王院など主要伽藍が建っています。根本中堂には創建以来1200年間守り灯り続けている「不滅の法灯」があります。 西塔には、釈迦堂、法華堂、常行堂などがあります。横川には横川中堂、恵心堂などが山中に静かに建ち並んでいます。
 
【住所】 滋賀県大津市坂本本町4220
【交通】  京都バス・京阪バス「延暦寺バスセンター」徒歩すぐ
【拝観料】 550円
【拝観時間】 8時30分~16時30分
      (西塔・横川は8時30分~16時、12月~2月は9時~16時)
【問い合わせ】 Tel 077-578-0001
【駐車場】 あり
【ホームページ】 比叡山延暦寺

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の世界遺産

京都の世界遺産

関連エントリー


人気の施設はこれだ