Top >  京都の世界遺産 >  二条城

二条城

海外からの観光客で賑わう二条城、正式名称を元離宮二条城といいます。
慶長8年(1603)徳川家康が、京都御所の守護と将軍が上洛の際、利用する宿所として造営されました。 幕末には大政奉還という歴史上貴重なことが行われた場所であり、また、桃山文化の華やかな美が凝縮して残っております。

見所はまず、旧桂宮御殿を移した本丸(重要文化財)と豪壮な二の丸御殿(国宝)。
大政奉還はこの二の丸御殿の大広間でなされたといわれています。それだけではなく唐門の豪華な透かし彫り、 内部の障壁画は目をみはるものがあります。
 
また、特別名勝に指定されている二の丸庭園は、池泉回遊式庭園になっています。その造りは武家風というべきか、 大小様々な石組みに力強さを感じる庭園になっています。

【住所】 京都市中京区二条通堀川西入ル二条城町541
【交通】 市バス「二条城前」下車すぐ
     地下鉄東西線「二条城前」下車すぐ
【拝観料】 600円
【拝観時間】 8時45分~16時(閉城は17時、二の丸御殿は9時から)
       12月26日から1月4日休み・7,8,12,1月の火曜休み
【問い合わせ】 Tel 075-841-0096
【駐車場】 あり
【ホームページ】 二条城

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の世界遺産

京都の世界遺産

関連エントリー


人気の施設はこれだ