Top >  京都の世界遺産 >  西本願寺

西本願寺

浄土真宗本願寺派の本山で、親鸞聖人の没後、娘の覚信尼が東山に聖人の木像を安置する大谷廟堂を開創したのが始まりです。その後、 天正19年(1591)豊臣秀吉の寺地寄進により現在の場所に移されました。

城郭のような構えの大寺院の西本願寺。境内には国宝や重要文化財に指定された多くの建物や法宝物があります。

御影堂、阿弥陀堂(いずれも重要文化財)は江戸時代に再建されたものです。また、日本最古の北能舞台、唐門、書院、飛雲閣 (いずれも国宝)は、豪壮な桃山文化を伝える貴重な建造物です。書院の東側にある「虎渓の庭」 とよばれる枯山水の庭園も桃山時代の豪華さを持つ見事な庭園で見応え十分です。

【住所】 京都市下京区堀川通り花屋町下ル
【交通】 JR「京都駅」下車徒歩15分
     市バス「西本願寺前」下車すぐ 
【拝観料】 境内自由(国宝飛雲閣・書院拝観は事前に要電話予約)
【拝観時間】 5時30分~18時(冬期のみ6時~17時)
【問い合わせ】 Tel 075-371-5181
【駐車場】 あり
【ホームページ】  西本願寺

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の世界遺産

京都の世界遺産

関連エントリー


人気の施設はこれだ