Top >  京都の紅葉の名所 >  曼殊院

曼殊院

曼殊院は他の天台門跡寺院と同様、最澄が比叡山に建立しました。その後、平安時代に 曼殊院と改められ、 江戸時代明暦2年(1656)に桂離宮を造営した智仁天皇の子、 良尚法親王によって現在の地に移されました。 桂離宮の美意識が息づく江戸時代初期の 代表的な書院建築といわれています

大書院前に広がる枯山水の庭に広がる白と、 樹齢400年と言われる堂々たる枝振りのゴヨウマツの緑の風景にカエデの赤や黄が由緒深き寺院に見事に調和している。

【住所】〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
【交通】市バス  JR京都駅より5番、一乗寺清水町下車、東へ徒歩20分 
       叡山電鉄 修学院駅下車徒歩約20分
【拝観料】一般500円 高校400円 中小学生 300円
【拝観時間】9:00~17:00(受付は~16:30)
【問い合わせ】Tel 075-781-5010
【駐車場】あり(普通車のみ)
【ホームページ】曼殊院

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の紅葉の名所

京都の紅葉の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ