Top >  京都の桜の名所 >  鞍馬寺

鞍馬寺

宝亀元年(770)に鑑真和上の高弟、鑑禎(がんてい)がこの地に草庵を結んだことがはじまりといわれています。また、 牛若丸が天狗に武術を教わった地として知られています。
 
山門は鞍馬街道に面して立っています。山門をぬけ由岐神社を越えると九十九折りとよばれる曲がりくねった急な坂が待っています。 また寺院が運行しているケーブルカーも有名で、多宝塔まで、ケーブルであがることができます。
 
平安時代からこの辺りは桜の名所として知られており、「雲珠桜(うずざくら)」と呼ばれ、よく歌に詠まれたりしていました。 その名の由来は花の形が唐鞍の飾金具に描かれた渦模様に似ているから、 あるいは桜の花の散るさまが渦を巻いて散っていたからとも言われています。鞍馬寺の寝殿の庭には1本だけその名桜が残っており、 きれいな花を咲かせています。

【住所】京都市左京区鞍馬本町1074
【交通】叡山電鉄「鞍馬駅」徒歩3分
【拝観料】200円
【拝観時間】9時~16時30分
【問い合わせ】Tel 075-741-2003  
【駐車場】なし

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ