Top >  京都の桜の名所 >  上賀茂神社

上賀茂神社

京都でもっとも古い上賀茂神社は、正式名称を賀茂別雷神社といいます。平安遷都以前にこの地を支配していた豪族・ 賀茂氏が氏神を祀ったことがはじまりで、その後天武7年(678)天武天皇によって現在の社殿の基が造営されたといわれています。
 
国宝の本殿、権殿を筆頭に社殿のほとんどが重要文化財に指定されているという文化財の宝庫というべき神社であります。 その格式高い神社をさらに引き立てるのが桜の花です。朱塗りの楼門の左右から咲く山桜の風景はまさに京都の春の象徴ともいえるでしょう。
 
また、京都の三大祭りの一つ、「葵祭」が開催されるほか、四季を通じて様々な祭典、行事が行われています。 自然に囲まれた境内は様々な行事の時以外にも、地元の人々の憩いの場として親しまれています。

【住所】   京都市北区上賀茂本山339
【交通】   市バス「上賀茂神社前」下車すぐ     
【拝観料】  境内自由
【拝観時間】 8時~16時(11月~3月は8時30分から)
【問い合わせ】Tel 075-781-0011
【駐車場】  あり

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ