Top >  京都の紅葉の名所 >  浄瑠璃寺

浄瑠璃寺

浄瑠璃寺は、薬師仏とそれをまつる三重塔、阿弥陀如来像九体を横一列に祀った阿弥陀堂、 宝池を中心とした庭園が平安時代のまま揃って残っている唯一の寺です。
1047年(永承二年)義明という上人が、薬師如来を本尊とし再建したといわれています。九体の阿弥陀如来像、 本堂とも国宝に指定されています。

三重塔から望むとカエデの紅葉が池面に映る風景は仏世界に吸い込まれていくような、我を忘れるほどである。

【住所】〒619-1135  京都府相楽郡加茂町西小札場40
【交通】奈良交通バス・NSバス「浄瑠璃寺駅」下車 徒歩3分
【拝観料】境内は自由 本堂拝観300円
【拝観時間】9時~17時 (12月~2月は10時~4時)
【問い合わせ】TEL 0774-76-2390
【駐車場】民営利用あり

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の紅葉の名所

京都の紅葉の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ