Top >  京都の桜の名所 >  善峯寺

善峯寺

長元2年(1029)、源算上人によって創建されたと言われています。長元7年(1034)、後一条天皇から「良峯寺」の寺名と賜り、 国家鎮護の勅願所と定められたそうです。しかし応仁の乱でほとんどを焼失し、 現在の本堂をはじめ諸堂の多くは徳川五代将軍綱吉の母桂昌院の帰依によって再建されたものです。境内にある「遊竜松」 は桂昌院のお手植えの松で天然記念物に指定されています。

また、西国三十三ヶ所巡りの第20番札所でもあり、たくさんの人が訪れています。しかし交通の便があまり良くなく、 ハイキングがてら来られる方も多いようです。

山の中腹に広大な敷地をもつ善峯寺の春は桜で取り囲まれます。見晴らしが良く、桜の美しさや視界の広さに感激することでしょう。

【住所】京都市西京区大原野小塩町1372
【交通】阪急バス「善峯寺」下車徒歩8分
    JR「向日町駅」・阪急「東向日」or「長岡天神」下車タクシー約20分
【拝観料】400円(寺宝館公開中は500円)
【拝観時間】8時~17時
【問い合わせ】Tel 075-331-0020
【駐車場】あり
【ホームページ】善峰寺

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ