Top >  京都の桜の名所 >  天龍寺

天龍寺

臨済宗天龍寺派の大本山で、京都五山の第一位という格式を誇る天龍寺は、京都屈指の名刹で、世界文化遺産に指定されています。

暦応2年(1339)吉野で亡くなった後醍醐天皇をの菩薩を弔うため、天皇の離宮、亀山殿があったところに、 足利尊氏が夢窓国師を開山として建立した寺です。尊氏は建立の際、資金調達のため、中国の元との公認の貿易船「天龍寺船」 を運行したといわれています。室町時代には京都五山の第一位として勢力をふるっていましたが、たびたびの火災により衰え、現在残る諸堂は、 明治以降再建されたものとなっています。

広域な境内の方々に桜の木が植樹されており、それらは後醍醐天皇の霊を慰めるために、移植されたのが始まりといわれています。 すばらしい桜の木々を是非堪能してもらいたいです。

【住所】京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 
【交通】JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車徒歩12分
    京福電車「嵐山駅」下車徒歩2分
    阪急電車「嵐山駅」下車徒歩15分
    市バス「嵐山天龍寺前」下車すぐ
【拝観料】500円(庭園)
【拝観時間】8時30分~17時30分(11月~3月は17時まで)
【問い合わせ】Tel 075-881-1235
【駐車場】あり
【ホームページ】天龍寺

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ