Top >  京都の桜の名所 >  二尊院

二尊院

承和年間(834~847)に嵯峨天皇の勅願により創建されました。 本堂に釈迦如来と阿弥陀如来の二体を本尊として収めていることから、この名が付けられたといわれています。 この二尊は国の重要文化財に指定されています。

総門をくぐると、「紅葉の馬場」と呼ばれる石を敷き詰めた広い参道があり、紅葉の季節には人々で賑わいますが、 桜の季節もなかなかのものであります。本堂の前庭にある枝垂れ桜は上品な境内にひときわ華やかな彩りを加え、人々の訪れを待っています。

【住所】京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27
【交通】市バス・京都バス「嵯峨小学校前」・「嵯峨釈迦堂前」下車徒歩10分
【拝観料】500円
【拝観時間】9時~16時30分
【問い合わせ】Tel 075-871-0687
【駐車場】あり

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ