Top >  京都の桜の名所 >  妙心寺 退蔵院

妙心寺 退蔵院

妙心寺の塔頭の一つである退蔵院は、数ある京都の庭園の中でも名園ともいえるでしょう。応永11年(1404年) 波多野出雲守重通が帰依して建立した寺院です。独特の趣をもつ庭園は室町時代の画家、狩野元信が作庭した枯山水の庭で、 絵画的な構成で造られた庭園は「余香苑」と呼ばれ、史跡名勝に選ばれています。余香苑には季節を問わずに変わらない緑があふれ、 そこに季節ごとに色を変える花々が味を加えています。春には見事な枝垂れ桜が色を添え、気高い雰囲気を創り出しています。 夜にはライトアップされ、昼間には見られない夜の顔へと移り変わります。

【住所】京都市右京区花園妙心寺町35
【交通】市バス「妙心寺前」下車徒歩5分
        JR嵯峨野線「花園駅」 下車徒歩10分
【拝観料】400円
【拝観時間】9時~17時
【問い合わせ】TEL:075-463-2855
【駐車場】あり
【ホームページ】妙心寺 退蔵院

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ