Top >  京都の桜の名所 >  長建寺

長建寺

八臂の弁財天を本尊とする真言宗醍醐寺派のお寺です。中国風の赤い竜宮門がひときわ目立つ長建寺は一般に「島の弁天さん」 として親しまれています。元禄12年(1699)、中書島開拓の際、 伏見奉行の建部政宇が深草大亀谷の即成就院から分離して創建したと伝わっています。

弁財天が本尊というだけあってか、華やかなイメージに桜、特に枝垂れ桜が良くあっています。京都の中でも南に位置しているせいか、 桜の花にいち早く出会える場所で、春風に揺れながら、人々の訪れをまっています。

【住所】京都市伏見区東柳町511
【交通】京阪電車「中書島駅」下車徒歩5分
    市バス「中書島」下車徒歩5分
【拝観料】境内自由
【拝観時間】9時~16時
【問い合わせ】Tel 075-611-1039
【駐車場】あり

 

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ