Top >  京都の桜の名所 >  勧修寺

勧修寺

昌泰3年(900)醍醐天皇が生母の菩提を弔うため、外祖父藤原高藤邸跡に寺院を創建し、その諡号をとって勧修寺としました。その後、 焼失しましたが、徳川家と皇室の援助で再興されました。

氷室池庭園を中心に四季を感じることができる庭園があります。春にはそこに「染井吉野」が咲き誇り庭園をもり立て、 華やかさを増しています。境内のあちこちにも桜はたくさんあり、見飽きることのない風景がそこにはあります。また、築地塀沿いに桜が咲続き、 清々しい気持ちになります。是非、訪れてみてほしい場所の一つです。

【住所】京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
【交通】地下鉄東西線「小野駅」下車徒歩5分
     京阪バス「勧修寺」下車徒歩3分
【拝観料】400円 
【拝観時間】9時~16時
【問い合わせ】Tel 075-571-0048
【駐車場】あり

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ