Top >  京都の桜の名所 >  養源院

養源院

三十三間堂の東向かいに位置する養源院は文禄3年(1594)豊臣秀吉の側室、淀君が父・ 浅井長政の菩提のを弔うため秀吉に願い建立しました。その後、焼失してしまいましたが、元和7年(1621)、 淀君の妹である徳川秀忠夫人が伏見城の中御殿を移構して再興しました。

桜の季節になると参道の左右に見事な枝垂れ桜がむかえてくれています。歴史を感じるたたずまいを残す境内は桜色を加え、 激動の時代の歴史を和ませているようです。

【住所】京都市東山区三十三間堂廻り町656
【交通】市バス「博物館三十三間堂前」下車徒歩5分
     東山七条」下車徒歩5分
【拝観料】500円
【拝観時間】9時~16時
【問い合わせ】Tel 075-561-3887
【駐車場】あり

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ