Top >  京都の桜の名所 >  曼殊院

曼殊院

曼殊院は他の天台門跡寺院と同様、最澄が比叡山に建立しました。その後、平安時代に 曼殊院と改められ、江戸時代、 明暦2年(1656)に桂離宮を造営した智仁天皇の子、良尚法親王によって現在の地に移されました。 桂離宮の美意識が息づく江戸時代初期の代表的な書院建築といわれています。

桜の季節になると、曼殊院門跡の拝観用入り口から駐車場あたりまで、桜の花で埋め尽くされます。花が散りはじめると、 花びらが舞い飛び、辺り一面をピンクに色づけていきます。

【住所】京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
【交通】市バス・京都バス「一乗寺清水町」下車徒歩20分 
    叡山電鉄 修学院駅下車徒歩約20分
【拝観料】500円
【拝観時間】9時~17時(受付は16時30分まで)
【問い合わせ】Tel 075-781-5010
【駐車場】あり
【ホームページ】曼殊院

 

>>京都観光の詳しいスケジュールはこちらでどうぞ

京都の桜の名所

京都の桜の名所

関連エントリー


人気の施設はこれだ